コース&モーター

地元スポーツ紙記者がレクチャー 浜名湖のコース&モーター

浜名湖の水面は広大で水質も柔らかく、乗りやすいのが特徴だ。センターから握って回れるし、捲り差しも決まる。

ただ、ダービー開催時期の浜名湖は、選手を悩ませる要素が2つある。1つは「風」。1日の中でも風向きが変わり、これがスタートに影響をおよぼす。もうひとつは「寒暖差」だ。日によっても温度差があるし、昼間と最終レースでも違う。回転を合わせる繊細なプロペラ調整が要求される。

SG第62回ダービー開催期間中の潮汐表

開催日 満潮 干潮
10月20日(火) 小潮 11:03 16:25
21日(水) 小潮 12:36 18:15
22日(木) 長潮 13:56 19:57
23日(金) 若潮 14:50 8:03
24日(土) 中潮 15:33 9:09
25日(日) 中潮 16:10 10:04

最近6ヵ月進入コース別成績

(2015年3月1日~9月8日/1,356レース)
進入
コース
勝率 1着率 2着率 3着率 平均
ST
決まり手別1着回数
逃げ 捲り 捲り差し 差し 抜き 恵まれ
1コース 7.41 45.6% 19.6% 10.6% 0.18 569回 0回 0回 0回 50回 0回
2コース 5.65 16.6% 23.2% 17.0% 0.19 0回 62回 0回 138回 22回 3回
3コース 5.38 13.9% 18.4% 21.2% 0.19 0回 48回 80回 32回 27回 2回
4コース 5.31 13.7% 18.7% 19.4% 0.19 0回 64回 57回 42回 21回 2回
5コース 4.44 7.6% 13.5% 18.5% 0.19 0回 20回 59回 11回 10回 3回
6コース 3.22 2.5% 6.5% 13.4% 0.20 0回 5回 23回 4回 2回 0回

穴党必読!浜名湖・波乱の2パターン

1 インのスタート遅れ

SGでも少々のスタート遅れはよくある。そんなとき、イン艇が無理やり先マイに出ると波乱の結末が待っている。

2 2&5コースの差し

カド4コースが一見有利に思えるが、捲りでも、捲り差しでも標的にされることが多い。その外から目立たず、しっかりと差して仕事ができる5コースが狙い目。出力低減機になってからは2コースの差し切りも増えている。シリーズ終盤は順当な決着が多くなるので、差し艇の2、3着受けが得策だろう。

平均払戻金7,343円
最近6ヵ月 3連単払戻金分布

(2015年3月1日~9月8日/1,356レース)

出力低減モーターの性能差は大きく、近年エース機がなかった浜名湖でも、25号機という明確なエース機が出現。ただ、三国のオーシャンC優勝機ほどの絶対的なパワーはない。7月周年で山口剛が回り足に特化した調整で優勝したように、モーターの長所を素早く引き出せば、十分に太刀打ちできる。

モーター2連率ベスト15
(2015年4月・使用開始~9月8日)
順位 モーター
番号
2連率 勝率 ワンポイントチェック
1 25 55.2% 6.75 不動のエース機。圧倒的な破壊力
2 60 52.3% 6.13 周年で笠原亮が準優勝。実戦向き
3 19 48.0% 6.27 数字ほどではないが行き足に威力
4 64 47.2% 6.23 山田雄太がバランス型に仕上げる
5 56 46.5% 6.01 周年から一気に上昇。実戦足満点
6 12 44.8% 5.91 新ペラに換わって並クラスに下降
7 23 44.8% 5.80 出足も伸びも中堅上位で目立たず
8 66 42.2% 6.16 新ペラに換わっても回り足は健在
8 65 42.2% 5.81 合えば回り足が良化もパンチない
10 61 42.0% 5.74 伸びは全くの平凡。出足は中の上
11 62 41.1% 5.59 直線はいたって並。合えば出足型
12 51 40.9% 5.95 伸びは普通だが出足や行き足上位
13 8 40.4% 5.61 行き足から伸びにかけ破壊力十分
14 1 40.2% 5.56 周年で齊藤仁が優出。回り足強力
15 34 39.8% 5.74 横澤剛治が2回乗ったが中堅級で

●浜名湖はヤマト331型(出力低減)を使用しています。 ●浜名湖はチルト3度まで使用できます。


穴党必読!浜名湖・波乱の2パターン
伸びの破壊力は満点!
38号機

25号機とツートップを形成してもおかしくない底力を秘める。7月周年でも谷村一哉がトップ級の伸びを披露した。

回ってからの足秀逸!
56号機

周年で徳増秀樹が節イチ級に。堀之内紀代子も「言うことなし」と絶賛。特に、回ってから伸び切るまでの足が秀逸。

実戦向きの仕上がり!
7号機

好モーターが揃った9月戦で土井内大助が使用、岡崎恭裕を振り切って1着奪うシーンも。出足、ターン回りは満点。

接戦勝負で真価発揮!
66号機

6月に地元の鈴木峻佑が初優勝。9月新ペラ交換で足落ちが心配されるもレース足健在。回り足上位で接戦に強い。

パワー上昇度トップ!
15号機

周年で坪井康晴が中堅上位まで押し上げ、続く大峯豊が抜群の出足で準完全優勝を飾った。2節後の稲毛正剛も優出。

山田 雄太(静岡)

「地元のSGに出たい、いや絶対に出る」という強い思いが通じた。減量に成功して安定感が増し、モーターも出るようになった。あとは攻めに攻めて結果を出す。

守田 俊介(滋賀)

浜名湖でのダッシュ力とコーナーの破壊力は「強烈」の一語。本人は「一般戦が多いから」と言うが、水面実績は抜群だ。現行モーターも7月戦で乗りこなしている。

平田 忠則(福岡)

今年7月の当地戦で優勝。この節は「ダービー勝率を稼ぎにきた」と公言、その言葉どおり優勝まで突き進んだ。気持ちを入れてのSG参戦、優勝戦線の一翼を担う。