桐生

開設63周年記念G1赤城雷神杯

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 電話投票 場外 出場レーサー レース別情報
締切予定時刻/投票 締切予定
時刻
1 2 3 4 5 6
1R 14:41 発売終了 14:41
A1
A1
A1
A1
A1
A1
2R 15:10 発売終了 15:10
A1
A1
A1
A1
A1
A1
3R 15:39 発売終了 15:39
A1
A1
A1
A1
A1
A1
4R 16:09 発売終了 16:09
A1
A1
A1
A1
A1
A1
5R 16:40 発売終了 16:40
A1
A1
A1
A1
A1
A1
6R 17:11 発売終了 17:11
A1
A1
A1
A1
A1
A1
7R 17:43 発売終了 17:43
A1
A1
A1
A1
A1
A1
8R 18:16 発売終了 18:16
A1
A1
A1
A1
A1
A1
9R 18:49 発売終了 18:49
A1
A1
A1
A1
A1
A1
10R 19:25 発売終了 19:25
A1
A1
A1
A1
A1
A1
11R 20:02 発売終了 20:02
A1
A1
A1
A1
A1
A1
12R 20:44 発売終了 20:44
A1
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

最終日 推奨レース展望

12R

シリーズリーダーの松井が、準優勝戦をコンマ14のトップスタートを決めて逃走。青写真通りに優勝戦の絶好枠を奪った。低勝率機を見事に仕上げ舟足は万全な状態。2017年10月以来、2度目の赤城雷神杯制覇に王手をかけた。馬場と桐生の舟足も良い部類、渾身の差しハンドルで馬場が迫れば、桐生は2マーク勝負を視野に全速強襲。湯川、井口も展開を突く舟足は十分。松井の逃げを巡る次位争いは混戦模様となった。 

最終日 熱戦レース

12R

桐生がトップスタートを放ちますが、松井が1マークまでに伸び返して先マイします。馬場が差し、桐生がまくり差しで迫るも、松井までは届かず。きっちり押し切った松井がバックストレッチでリードを拡大し、続く2マークも先制します。最後まで冷静に首位の座をキープした松井が1着でフィニッシュ。自身2度目となる赤城雷神杯制覇を果たしています。1周2マークで桐生をさばいて抜け出した馬場が2着入線。