江戸川

G2江戸川634杯 モーターボート大賞

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 電話投票 場外 出場レーサー レース別情報
締切予定時刻/投票 締切予定
時刻
1 2 3 4 5 6
1R 10:52 発売終了 10:52
A2
A2
A1
A2
A2
A1
2R 11:18 発売終了 11:18
A1
A1
A2
A2
A1
A2
3R 11:45 発売終了 11:45
A2
A1
A1
A2
A1
A2
4R 12:16 発売終了 12:16
A2
A1
A1
A2
A2
A1
5R 12:44 発売終了 12:44
A2
A1
A2
A2
A1
A2
6R 13:15 発売終了 13:15
A2
A2
A1
A2
A1
A1
7R 13:50 発売終了 13:50
A1
A2
A1
A2
A1
A1
8R 14:21 発売終了 14:21
A2
A2
A1
A2
A2
A2
9R 14:54 発売終了 14:54
A2
A2
A2
A1
A2
A2
10R 15:30 発売終了 15:30
A1
A1
A2
A1
A1
A1
11R 16:07 発売終了 16:07
A1
A1
A2
A1
A1
A2
12R 16:49 発売終了 16:49
A1
A1
A1
A1
A1
A2
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

最終日 推奨レース展望

12R

シリーズ2強を形成してきた須藤と三嶌が準優勝戦を危なげなく逃げ切ってファイナルの内枠を占めた。両者ともに甲乙つけ難い好仕上がり。コース有利に須藤が先マイなら、三嶌は自在に立ち回り食い下がる。パワー面では好枠両者に引け取らない安達に穴ムード。江戸川巧者の平尾の存在も不気味だが、地元の飯山と若林も大一番で優勝を狙える足はあり、見応えたっぷりなメンバーが出揃った。 

最終日 熱戦レース

12R

コンマ04で踏み込んだ三嶌が須藤を牽制しながら1マークを旋回していきます。まくり狙った三嶌でしたが、仕掛け及ばずターンが流れると、須藤が立ち上がりよく先頭を奪取。次コーナーも先取りした須藤がグイグイ差を広げると1番手を揺るぎないものに。見事に1着でフィニッシュを迎えた須藤が、破竹の7連勝でモーターボート大賞を制しています。1周2マークで抜け出した飯山が次位入着。