江戸川

G2江戸川634杯 モーターボート大賞

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 電話投票 場外 出場レーサー レース別情報
締切予定時刻/投票 締切予定
時刻
1 2 3 4 5 6
1R 10:52 発売終了 10:52
A2
A1
A1
A2
A1
A2
2R 11:18 発売終了 11:18
A2
A1
A2
A2
A1
A1
3R 11:45 発売終了 11:45
A1
A2
A2
A1
A2
A2
4R 12:13 発売終了 12:13
A1
A2
A2
A2
A1
A2
5R 12:42 発売終了 12:42
A1
A1
A2
A2
A1
A2
6R 13:12 発売終了 13:12
A1
A2
A1
A1
A2
A2
7R 13:43 発売終了 13:43
A2
A2
A1
A1
A2
A1
8R 14:15 発売終了 14:15
A2
A1
A2
A2
A1
A1
9R 14:48 発売終了 14:48
A2
A2
A2
A2
A1
A1
10R 15:23 発売終了 15:23
A1
A2
A1
A1
A1
A1
11R 15:59 発売終了 15:59
A2
A1
A1
A1
A1
A1
12R 16:39 発売終了 16:39
A1
A1
A1
A1
A2
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

最終日 推奨レース展望

12R

準優で唯一、逃げを決めた池永が優勝戦のポールポジションを奪った。行き足、伸びを中心にモーターの仕上がりは万全。自力で勝ち取った絶好枠を活かし、最後も堂々と押し切る。池永Vに待ったをかけたい須藤と白石。両者ともに実戦足は強力。狙って差すのが須藤なら、白石は自在に立ち回りバックで池永を捕らえにかかる。後藤はカドなら伸びを意識した調整。全速スタートからのまくり一撃を狙う。 

最終日 熱戦レース

12R

イン水域に陣取った池永がコンマ03のトップスタート。後藤がカドからダッシュよく飛び出していきますが、1マークは池永が先行します。須藤と宮之原が追撃するも及ばず、池永は2マークも危なげないターンでクリア。十分なリードを確保した池永は、慌てず騒がず周回を重ねていきます。最後まで安定した走りを披露した池永が優勝のゴールイン。池永が自身初のG2タイトルを手にしています。