平和島

G1開設64周年記念トーキョー・ベイ・カップ

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 電話投票 場外 出場レーサー レース別情報
締切予定時刻/投票 締切予定
時刻
1 2 3 4 5 6
1R 10:42 発売終了 10:42
A1
A1
A1
A1
A1
A1
2R 11:08 発売終了 11:08
A1
A1
A1
A1
A1
A1
3R 11:35 発売終了 11:35
A1
A1
A1
A1
A1
A1
4R 12:04 発売終了 12:04
A1
A1
A1
A1
A1
A1
5R 12:35 発売終了 12:35
A1
A1
A1
A1
A1
A1
6R 13:07 発売終了 13:07
A1
A1
A1
A1
A1
A1
7R 13:39 発売終了 13:39
A1
A1
A1
A1
A1
A1
8R 14:12 発売終了 14:12
A1
A1
A1
A1
A1
A1
9R 14:46 発売終了 14:46
A1
A1
A1
A1
A1
A1
10R 15:21 発売終了 15:21
A1
A1
A1
A1
A1
A1
11R 15:59 発売終了 15:59
A1
A1
A1
A1
A1
A1
12R 16:40 発売終了 16:40
A1
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

初日 推奨レース展望

12R

濱野谷が初日ドリームの1号艇に組まれ重責を担う。近況は6月に丸亀周年を制し約3年ぶりにG1タイトルをゲット。直後の下関周年でフライングとリズムに乗り切れてはいないが、ここは勝手知る地元水面で時計も正確、しっかりと踏み込んで逃走スタイルを築く。辻に臨機応変なハンドルさばきがあり、バック好位置を確保する。一番差しから粘る中島に一考の余地がある。モーター素性の良さで伸びる湯川の一発に警戒したい。 

初日 熱戦レース

12R

トップスタートでスリットを駆け抜けた濱野谷が他艇をシャットアウト。濱野谷は1マークであっさりと決着をつけると、続く2マークも先制ターンを放ちます。独走スタイルを築いた濱野谷は、落ち着いた航走で残る周回もクリア。濱野谷が1着ゴールを決め、緒戦を快勝しています。1周2マークでブイ際を回った辻が次位入線。中島と山崎の3着争いは、2周1マークを全速マイした山崎に軍配が上がっています。