平和島

G1第64回関東地区選手権

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 電話投票 場外 出場レーサー レース別情報
締切予定時刻/投票 締切予定
時刻
1 2 3 4 5 6
1R 10:42 発売終了 10:42
A1
A1
A1
A1
A1
A1
2R 11:08 発売終了 11:08
A1
A1
A1
A1
A1
A1
3R 11:35 発売終了 11:35
A1
A1
A1
A1
A1
A1
4R 12:04 発売終了 12:04
A1
A1
A1
A1
A1
A1
5R 12:33 発売終了 12:33
A1
A1
A1
A1
A1
A1
6R 13:03 発売終了 13:03
A1
A1
A1
A1
A1
A1
7R 13:35 発売終了 13:35
A1
A1
A1
A1
A1
A1
8R 14:07 発売終了 14:07
A1
A1
A1
A1
A1
A1
9R 14:40 発売終了 14:40
A1
A1
A1
A1
A1
A1
10R 15:15 発売終了 15:15
A1
A1
A1
A1
A1
A1
11R 15:53 発売終了 15:53
A1
A1
A1
A1
A1
A1
12R 16:34 発売終了 16:34
A1
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

初日 推奨レース展望

12R

『トーキョー・ベイ・ドリーム』の絶好枠は濱野谷が占める。手にしたモーターは複勝率45パーセントの好素性機。「直線の回転は上がっていた。スタートも届いていた」と手応えを感じており、外の攻めを受け止めて押し切りを狙う。前検一番時計タイの桐生が逆転候補。自在に立ち回り台頭する場面も。ダブルエース機の一方を引き当てた齊藤も軽視は禁物。「乗り心地は良かった」で、実戦足を活かしたレース運びで上位争いに参加する。 

初日 熱戦レース

12R

コンマ13のタイミングから濱野谷が1マークを先マイ。濱野谷はまくらせず差させずの見事な旋回を披露すると、瞬く間に独走スタイルに持ち込みます。早々に決着をつけた濱野谷はその後もトップを守り切ってフィニッシュ。濱野谷が初日ドリーム戦を快勝し、幸先いい滑り出しを見せています。順走した山崎が次位入線。しぶとく食らいつく秋山をしのいだ齊藤が3着となっています。