多摩川

第24回チャレンジカップ/G2レディースCC

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 締切予定時刻/投票 出場レーサー レース別情報
1 2 3 4 5 6
1R 10:30 発売終了
A1
A1
A1
A2
A1
A2
2R 10:57 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
3R 11:24 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
4R 11:52 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
5R 12:21 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
6R 12:51 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
7R 13:22 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
8R 13:54 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
9R 14:27 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
10R 15:03 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
11R 15:39 発売終了
A1
A1
A1
A2
A1
A1
12R 16:20 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

4日目 推奨レース展望

12R

予選ラストの12レースは東都のエース・濱野谷が1号艇で登場する。3日目前半はピット離れにやや不安はあったが、舟足は伸びを軸に順調な仕上がりをみせている。走り慣れた実績十分の多摩川水面でもちろん時計はOK。菊地の前づけがあってもイン堅守から鋭い踏み込みを決め一気に逃げ込む。池田は2コースから定石通りの手堅い差しワザでバック濱野谷を追撃。前半戦次第では準優勝戦進出へ目イチの勝負駆けとなる6枠の菊地はコース取りから注目したい。秦は3コースを守り先に握りたい局面。 

4日目 熱戦レース

12R

ほぼ横一線のスタートから濱野谷が先マイ体勢も艇が膨らみます。懐狭いところに切り込んだ秦が濱野谷を捕らえてバック肉薄。続く2マークを先に回った秦に対して、濱野谷はブイ際を突きしぶとく食い下がります。以降も一進一退の攻防を繰り広げ、やや秦が先行した状態で勝負は最終コーナーへ。猛追仕掛ける濱野谷をなんとか振り切った秦が1着でゴールし、シリーズ2勝目をあげています。