びわこ

第63回結核予防事業協賛 秩父宮妃記念杯

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 締切予定時刻/投票 出場レーサー レース別情報
1 2 3 4 5 6
1R 10:39 発売終了
A1
A2
A1
A1
A2
A1
2R 11:05 発売終了
A2
A1
A1
A2
A2
A2
3R 11:33 発売終了
A2
A2
A2
A1
A2
A1
4R 12:02 発売終了
A1
A2
A2
A2
A2
A1
5R 12:32 発売終了
A1
A1
A2
A1
A1
A2
6R 13:03 発売終了
A2
A1
A2
A2
A1
A1
7R 13:35 発売終了
A2
A1
A1
A2
A1
A1
8R 14:08 発売終了
A1
A2
A1
A2
A2
A2
9R 14:42 発売終了
A1
A2
A1
A1
A2
A1
10R 15:18 発売終了
A1
A2
A1
A2
A2
A2
11R 15:55 発売終了
A1
A1
A2
A2
A1
A1
12R 16:39 発売終了
A1
A2
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

最終日 推奨レース展望

12R

予選首位だった魚谷が5日目、12レースで2着になり1号艇が巡ってきた湯川。伸びを中心にして内から戦う分には問題のない仕上がり。逃げ速攻戦でV候補の一番手。4号艇となったが「高水準で全部がいい」と変わらず強烈な舟足を備える魚谷が相手筆頭。逆転のシーンは十分だけにパワー駆けに持ち込む。丸野はスリットで魚谷の仕掛けを受け止めて先に攻める展開にしていきたい。内勢が激しく握り合うレースになれば菊地にチャンスが到来しそう。 

最終日 熱戦レース

12R

湯川が唯一0台の好タイミングで、スリットから先頭に立ちます。1マークを湯川が先マイすると、ブイ際狭いところを角度よく差した廣瀬が肉薄。しかし、湯川が力強く押し切ってリードを広げていきます。湯川は次のコーナーも1番手で回って安全圏へ。その後もしっかりとトップを守った湯川が1着でゴールを通過。秩父宮妃記念杯を初制覇しています。道中追い上げた魚谷が準優勝。