びわこ

第64回結核予防事業協賛 秩父宮妃記念杯

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 締切予定時刻/投票 出場レーサー レース別情報
1 2 3 4 5 6
1R 10:40 発売終了
A1
A2
A2
A2
A1
A2
2R 11:07 発売終了
A1
A1
A2
A2
A2
A1
3R 11:35 発売終了
A1
A1
A1
A1
A2
A2
4R 12:04 発売終了
A2
A2
A1
A1
A2
A1
5R 12:34 発売終了
A2
A2
A1
A2
A2
A1
6R 13:05 発売終了
A2
A1
A1
A1
A2
A2
7R 13:38 発売終了
A1
A2
A1
A2
A2
A1
8R 14:12 発売終了
A2
A2
A2
A2
A1
A1
9R 14:47 発売終了
A1
A1
A2
A2
A1
A2
10R 15:23 発売終了
A1
A2
A2
A1
A1
A1
11R 16:00 発売終了
A1
A1
A2
A2
A1
A2
12R 16:40 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

初日 推奨レース展望

12R

12レースのドリーム戦はヤングダービーで磯部誠にVをもたらした41号機と組む太田の1枠戦が中心。前検日の動きは及第点、マイペースのイン起こしからスタート張り込み逃げを打つ。行き足がスムーズだった岡崎が2コースから外の攻めをブロックして差しに変化。スタート練習では班の中で機歴通りに圧巻の伸びをみせた大上が波乱のトリガーとみる。得意の4コースカド位置からまくり一気のシーンも。気配が良かった横澤、長田も展開を突ける舟足は十分で侮れぬ。 

初日 熱戦レース

12R

ほぼ横一線のスリットから太田が1マークを先マイ。太田は落ち着きをもってターンを披露すると、あっさりとリードを確保します。次の2マークも難なくクリアした太田は単独航走へ。そのまま太田が押し切るかと思われましたが、大上が猛追して徐々に距離を詰めていきます。迎えたゴールライン、太田が一艇身の差でなんとか先行し白星を獲得。あと一歩及ばなかった大上が2着となっています。