住之江

G1太閤賞競走開設62周年記念

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 電話投票 場外 出場レーサー レース別情報
締切予定時刻/投票 締切予定
時刻
1 2 3 4 5 6
1R 14:41 発売終了 14:41
A1
A1
A1
A1
A1
A1
2R 15:09 発売終了 15:09
A1
A1
A1
A1
A1
A1
3R 15:40 発売終了 15:40
A1
A1
A1
A1
A1
A1
4R 16:09 発売終了 16:09
A1
A1
A1
A1
A1
A1
5R 16:39 発売終了 16:39
A1
A1
A1
A1
A1
A1
6R 17:12 発売終了 17:12
A1
A1
A1
A1
A1
A1
7R 17:45 発売終了 17:45
A1
A1
A1
A1
A1
A1
8R 18:19 発売終了 18:19
A1
A1
A1
A1
A1
A1
9R 18:53 発売終了 18:53
A1
A1
A1
A1
A1
A1
10R 19:28 発売終了 19:28
A1
A1
A1
A1
A1
A1
11R 20:05 発売終了 20:05
A1
A1
A1
A1
A1
A1
12R 20:44 発売終了 20:44
A1
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

初日 推奨レース展望

12R

初日メインカード『千成賞』の絶好枠に地元の松井がどっかりと陣取る。前検日の段階では伸びに十分な手応えを得ていた。走り慣れた水面で王道の逃げを決める。次位争いは誰にでもチャンスがありそうなメンバー構成だが、一番差しからバックで食い下がる菊地を追走一番手に指名したい。田中が握れば池田にシャープな差しハンドル。大外枠でもスピードを持って攻める篠崎も連下争いに参加する。 

初日 熱戦レース

12R

インからしっかり踏み込んだ松井が、1マークを先取り。まくらせず差させずの旋回を繰り出して、松井が先頭を堅守します。そのまま最後まで危なげなく走り切った松井が1着でゴールイン。松井が初日ドリーム戦を白星で飾り、幸先いい滑り出しとしています。2番手争いは、1周2マークの混戦を的確にさばいて抜け出した菊地が先着。2周1マークで濱野谷を競り落とした池田が3着に入っています。