住之江

G1太閤賞競走開設62周年記念

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 電話投票 場外 出場レーサー レース別情報
締切予定時刻/投票 締切予定
時刻
1 2 3 4 5 6
1R 14:41 発売終了 14:41
A1
A1
A1
A1
A1
A1
2R 15:09 発売終了 15:09
A1
A1
A1
A1
A1
A1
3R 15:38 発売終了 15:38
A1
A1
A1
A1
A1
A1
4R 16:08 発売終了 16:08
A1
A1
A1
A1
A1
A1
5R 16:39 発売終了 16:39
A1
A1
A1
A1
A1
A1
6R 17:11 発売終了 17:11
A1
A1
A1
A1
A1
A1
7R 17:43 発売終了 17:43
A1
A1
A1
A1
A1
A1
8R 18:16 発売終了 18:16
A1
A1
A1
A1
A1
A1
9R 18:50 発売終了 18:50
A1
A1
A1
A1
A1
A1
10R 19:26 発売終了 19:26
A1
A1
A1
A1
A1
A1
11R 20:03 発売終了 20:03
A1
A1
A1
A1
A1
A1
12R 20:44 発売終了 20:44
A1
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

最終日 推奨レース展望

12R

長田が1月平和島周年以来、自身2度目のG1制覇に王手をかけた。準優は他の攻めを許さず堂々のイン逃げ。「住之江はデビュー初V、SG初Vと節目のところで優勝させてもらっているし、相性はいいと思っています。それが自信にもなっているので、しっかり優勝を狙っていきます」と相思相愛の水面でファイナルも人気に応える。実戦足が強力な坪井が相手筆頭。下出がG1初Vへ全力で攻めるとダッシュ勢にもチャンスが生まれる。 

最終日 熱戦レース

12R

唯一0台スタートを決めた平尾が、大外からまくり強襲! 一気に内5艇を飲み込んだ平尾は、バックストレッチで早くもトップに立ちます。平尾は続く2マークも先に回ると、後続と大きく水を開けて独走スタイルへ突入。最後まで手綱を緩めることなく走り切った平尾が、太閤賞初制覇を成し遂げています。坪井と平田による次位争いは、2周2マークで平田をさばいて抜け出した坪井が入線。