住之江

第34回グランプリ/グランプリS

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 締切予定時刻/投票 出場レーサー レース別情報
1 2 3 4 5 6
1R 14:19 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
2R 14:46 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
3R 15:13 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
4R 15:40 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
5R 16:08 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
6R 16:36 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
7R 17:11 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
8R 17:48 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
9R 18:27 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
10R 19:06 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
11R 19:51 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
12R 20:39 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

最終日 推奨レース展望

12R

グランプリもいよいよ最終局面を迎える。石野が黄金のヘルメットに最も近い位置に収まった。「舟足は文句なし」と自信満々。走り慣れた水面となれば、時計との呼吸もバッチリ。他艇を寄せ付けない逃走劇を見せ、令和初のグランプリを制する。黒いカポックを身にまとう桐生も仕上がりは上々。艇界屈指の鋭いスピード差しで石野に迫る。毒島は6着大敗で後退。この悔しさは大一番で晴らすしかない。再び、気合を入れ直す。「チャンスはある」と話す白井が不気味。 

最終日 熱戦レース

12R

ほぼ横一線のスリットから、1マークは石野が先マイ。桐生が鋭い差しハンドルを繰り出して、石野に舳先をかけていきます。迎えた2マーク、いったん引いて差した桐生は届かず、ここで石野が安全圏に突入。石野は残る周回も危なげなくクリアしていきます。地元ファンの声援に応えた石野が、令和初、初のナイター開催となったグランプリで、初めて黄金のヘルメットを戴冠。初めて尽くしの優勝でその名を刻んでいます。