住之江

第48回高松宮記念特別競走

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 締切予定時刻/投票 出場レーサー レース別情報
1 2 3 4 5 6
1R 14:41 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
2R 15:09 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
3R 15:38 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
4R 16:07 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
5R 16:38 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
6R 17:11 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
7R 17:44 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
8R 18:18 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
9R 18:53 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
10R 19:28 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
11R 20:05 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
12R 20:45 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

最終日 推奨レース展望

12R

予選トップ通過から準優勝戦はインから押し切った地元の湯川がV最短距離の1号艇をつかんだ。得意の淡水場で舟足は伸びを中心にお約束の快速仕様。ここを勝てば暮れのグランプリベスト18圏内へ一気にジャンプアップする一戦だ。2度目のG1高松宮記念制覇もかかる大一番を連日の逃走劇で締めくくる。相手筆頭は同期の盟友・井口。日毎に機力は整っており2コースから差してバック迫る。実戦向きに仕上がっている原田は全速戦に活路。パンチ力ある吉川も4コースカドから一撃を狙う。 

最終日 熱戦レース

12R

しっかり伸び返した湯川が先マイしたところに、原田が俊敏なハンドルワークでまくり差し一閃。力強く引き波を超えた原田が、一気に突き抜けていきます。原田は続く2マークで食い下がる湯川を引き離すことに成功。安全圏まで差を開き、独走スタイルに突入していきます。その後も手綱を緩めることなく運んだ原田が栄光のゴールイン。原田が初めて高松宮記念のタイトルを手にしています。