鳴門

G1第60回四国地区選手権競走

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 電話投票 場外 出場レーサー レース別情報
締切予定時刻/投票 締切予定
時刻
1 2 3 4 5 6
1R 10:56 発売終了 10:56
A1
A2
A2
B1
A2
A2
2R 11:25 発売終了 11:25
A1
A2
A1
A2
A2
A2
3R 11:54 発売終了 11:54
A1
A2
B1
B1
A1
B1
4R 12:23 発売終了 12:23
A2
A2
A2
B1
A1
A1
5R 12:52 発売終了 12:52
A1
A2
A2
A2
A1
B1
6R 13:22 発売終了 13:22
A1
A2
B1
A1
A2
A1
7R 13:52 発売終了 13:52
A1
A1
A2
A2
B1
A1
8R 14:22 発売終了 14:22
A1
A2
A2
A2
A2
A1
9R 14:53 発売終了 14:53
A1
A2
A2
A2
B1
A1
10R 15:29 発売終了 15:29
A2
A1
A1
A1
A1
A1
11R 16:05 発売終了 16:05
A1
A1
A1
A1
A1
A2
12R 16:44 発売終了 16:44
A1
A2
A1
A2
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

最終日 推奨レース展望

12R

レースの主導権を握るのは田村。中堅上位のパワーはあるようで、最内を死守して先マイの一手だろう。今年初のGI制覇で賞金上積みを狙いたいところ。隣の片岡は「全体によくてトップ級。ターン出口の足がいい」と文句のない仕上がり。冷静なハンドルワークで、逃げる田村に待ったをかけるか。市橋が外から虎視眈々と勝機をうかがう。早い仕掛けからまくって出るシーンに期待したい。 

最終日 熱戦レース

12R

トップスタートを決めた田村が問答無用のイン速攻! 他艇を一切寄せ付けないターンで首位に立つと、後続に大きく水を開けていきます。田村はその後も安定した航走で周回を重ね、先頭でゴールラインを通過。見事な逃走劇を披露した田村が、8年ぶり2度目の四国地区選手権制覇を成し遂げています。3周2マークまでもつれた小野寺と一宮の次位攻防は、ブイ際を小さく回った一宮が競り勝っています。