鳴門

G1大渦大賞開設64周年記念競走

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 電話投票 場外 出場レーサー レース別情報
締切予定時刻/投票 締切予定
時刻
1 2 3 4 5 6
1R 10:26 発売終了 10:26
A1
A1
A1
A1
A1
A1
2R 10:53 発売終了 10:53
A1
A1
A1
A1
A1
A1
3R 11:21 発売終了 11:21
A1
A1
A1
A1
A1
A1
4R 11:49 発売終了 11:49
A1
A1
A1
A1
A1
A1
5R 12:20 発売終了 12:20
A1
A1
A1
A1
A1
A1
6R 12:51 発売終了 12:51
A1
A1
A1
A1
A1
A1
7R 13:21 発売終了 13:21
A1
A1
A1
A1
A1
A1
8R 13:51 発売終了 13:51
A1
A1
A1
A1
A1
A1
9R 14:21 発売終了 14:21
A1
A2
A1
A1
A1
A1
10R 14:54 発売終了 14:54
A1
A1
A1
A1
A1
A1
11R 15:29 発売終了 15:29
A1
A1
A1
A1
A1
A1
12R 16:07 発売終了 16:07
A1
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

初日 推奨レース展望

12R

ダブルドリーム戦の第一弾は地元のエース格、田村が1号艇となった。前検練習で飛び抜けた動きを見せた選手が不在なだけに地元のアドバンテージを活かして逃げ先制に持ち込むとみる。丸岡と寺田のモーター気配が、もうひと息だった。ならば、桐生のダッシュ自在戦を対抗一番手に推したい。スタートから気迫の攻めで内に詰め寄っていきたい。坪井と茅原は、この展開にうまく乗って素早く差し場を拾う構えか。手堅い捌きから追い上げ戦に出たいところ。 

初日 熱戦レース

12R

田村、坪井、茅原の3艇がコンマ07のトップタイミングで1マークへ。インコースの田村が真っ先にコーナーを先取し、バックでスルスルと伸びて独走スタイルに持ち込みます。安定感ある航走で悠々の一人旅を満喫した田村が先頭でゴールラインを通過。緒戦を快勝し、幸先いい滑り出しとなっています。2番手は桐生と茅原の戦いとなるも、2周1マークで桐生の懐を鋭く突いた茅原に軍配。