鳴門

G1大渦大賞開設65周年記念競走

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 締切予定時刻/投票 出場レーサー レース別情報
1 2 3 4 5 6
1R 10:29 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
2R 10:59 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
3R 11:30 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
4R 12:01 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
5R 12:32 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
6R 13:04 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
7R 13:37 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
8R 14:11 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
9R 14:47 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
10R 15:25 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
11R 16:04 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
12R 16:44 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

2日目 推奨レース展望

12R

毒島の64号機は「初日、後半メンバーの中で伸びは一番でした」と仕上がりに関しては自信の表情を浮かべている。逃げ速攻に持ち込んで他を圧倒したい一戦。本来なら次位は井口を指名だが、やや乗れていない印象を受けるだけにスリット足が良好ムードの石野を対抗視したい。強気の旋回で逆転駆けを狙う。瓜生は、この攻めに乗ってうまく差し場を拾うレース運びに徹する構えか。6号艇だが、初日は2連対と好走した徳増はリズムの良さが光る。 

2日目 熱戦レース

12R

ほぼ横一線のスリット隊形から毒島が先マイ。毒島は他艇に何もさせないターンを繰り出し、バックストレッチで早くも首位の座を固めていきます。周回を重ねるごとにリードを広げた毒島は、先頭でゴールラインを通過。毒島が見事な逃走劇で白星を手にしています。2番手争いを演じる井口と石野を、1周2マークで寺田が強襲。ここを上手くさばいた井口がいち早く抜け出し、2着を取り切っています。