鳴門

G1大渦大賞開設65周年記念競走

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 締切予定時刻/投票 出場レーサー レース別情報
1 2 3 4 5 6
1R 10:29 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
2R 10:59 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
3R 11:30 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
4R 12:01 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
5R 12:32 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
6R 13:04 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
7R 13:37 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
8R 14:11 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
9R 14:47 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
10R 15:25 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
11R 16:04 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
12R 16:44 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

3日目 推奨レース展望

12R

2日間を終えて未勝利の松井だが「モーターは問題ないと思う」と戦える気配をキープしている。好枠番を活かして1マーク先マイから一気に押し切るレースに持ち込みたい。瓜生は差し技に照準をおいてスムーズに艇を送り込んでいきたい。力強い旋回から内へ鋭く迫る走りへ。市橋はセンター水域からスタート勝負で活路を見出したいところ。丸岡に森高の同期コンビは展開待ちになりそうだが、突き抜ける足は確保しているだけに注意したい。 

3日目 熱戦レース

12R

スタート展示同様、森高が動いて126/345の進入となります。唯一0台で踏み込んだ松井が1マークを先取りしますが、ブイ際空いたところに森高が鋭い差しハンドル。直線で一歩優勢となった森高に対し、松井がしぶとく食い下がります。接戦状態で迎えた2マークは、森高が先に回ってここで決着。森高はじわじわと後続を突き放し、レースを制しています。松井は悔しくも2着まで。3着には市橋が入っています。