鳴門

G1第62回四国地区選手権競走

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 電話投票 場外 出場レーサー レース別情報
締切予定時刻/投票 締切予定
時刻
1 2 3 4 5 6
1R 10:29 発売終了 10:29
A2
A2
A1
A1
A2
A1
2R 10:59 発売終了 10:59
A2
A1
A2
A1
A2
A2
3R 11:30 発売終了 11:30
A2
A2
A2
A2
A1
A1
4R 12:01 発売終了 12:01
A2
A1
A1
A2
A1
A2
5R 12:32 発売終了 12:32
A2
A2
A1
A2
A1
A1
6R 13:04 発売終了 13:04
A1
A2
A1
A2
A1
A2
7R 13:37 発売終了 13:37
A1
A1
A2
A2
A2
A2
8R 14:11 発売終了 14:11
A2
A1
A1
A2
A2
A1
9R 14:47 発売終了 14:47
A1
A2
A1
A2
A2
A1
10R 15:25 発売終了 15:25
A2
A2
A1
A1
A1
A2
11R 16:04 発売終了 16:04
A1
A2
A2
A1
A2
A1
12R 16:44 発売終了 16:44
A1
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

初日 推奨レース展望

12R

ドリーム第一弾は『なるちゃんドリーム』。地元の総大将・田村が鉄壁の布陣で臨む。モーターの素性は悪くなく、三度目の四国チャンプへ負けられない一戦。スタートを決めて一目散に逃げ飛ばす。市橋が対抗。「大きなことはしなくていい」と機に手ごたえを得ていた。タイミングよく切り込むことが出来れば、突き抜けまで一考。ジカ差しで迫る三嶌に、自在に立ち回る片岡も、次位争いなら有力な存在となる。石丸は中四国のトップルーキー。ツワモノたちに胸を借りる。 

初日 熱戦レース

12R

最内からバチッと踏み込んだ田村が他艇をシャットアウト! 1マークであっけなく決着をつけ、早々にセーフティーリードを築きます。落ち着いた航走で周回を重ねた田村が、真っ先にゴールラインを通過。緒戦を白星で締めくくり、幸先いい滑り出しを切っています。2番手争いは片岡が一歩優勢でしたが、1周2マークで三嶌が肉薄。迎えた2周1マーク、勢いよくまくった片岡に軍配が上がっています。