鳴門

G1第62回四国地区選手権競走

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 電話投票 場外 出場レーサー レース別情報
締切予定時刻/投票 締切予定
時刻
1 2 3 4 5 6
1R 10:29 発売終了 10:29
A1
A2
A2
A1
A1
A1
2R 10:59 発売終了 10:59
A2
A1
A1
A1
A2
A2
3R 11:30 発売終了 11:30
A1
A2
A1
A2
A2
A2
4R 12:01 発売終了 12:01
A2
A2
A2
A1
A2
A1
5R 12:32 発売終了 12:32
A2
A1
A1
A2
A1
A2
6R 13:04 発売終了 13:04
A2
A2
A1
A2
A1
A2
7R 13:37 発売終了 13:37
A2
A1
A1
A2
A1
A2
8R 14:11 発売終了 14:11
A2
A2
A2
A2
A1
A1
9R 14:47 発売終了 14:47
A2
A1
A2
A1
A2
A1
10R 15:25 発売終了 15:25
A2
A1
A1
A1
A2
A2
11R 16:04 発売終了 16:04
A1
A2
A1
A2
A2
A2
12R 16:44 発売終了 16:44
A1
A1
A2
A1
A2
A2
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

3日目 推奨レース展望

12R

市橋に絶好枠が回ってきた。ここまでは出入りの激しい着順だが、「伸びは上の方に入ると思う」と機力に不安なし。好枠デーをしっかりモノにして予選突破にメドをつける。丸尾、中岡のセンター両者が当面の相手。どちらも仕上がりは水準をクリアしている。好調をキープする森高も僅差。着づけが悪く、人気を落としそうな近江のジカ差しが怖い。「ここはアピールの場でしょう」と本人も気合は満点。強めのホーム追い風となれば、機力不足はカバーできる。 

3日目 熱戦レース

12R

コンマ08でスリットを超えた市橋が、1マークまで真っ先に到達します。瞬く間にクリアすると他艇はなす術なく、市橋が直線で一歩前へ。市橋はそのままスルスルと艇を伸ばして独走スタイルを築きます。きっちり押し切った市橋が1着でゴールラインを通過。2着に1周2マークを差して抜けた中岡が入線しています。近江と村越による3着争いは、最終コーナーを先に回った近江に軍配。