鳴門

大渦大賞開設68周年記念競走

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 締切予定時刻/投票 出場レーサー レース別情報
1 2 3 4 5 6
1R 10:32 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
2R 11:03 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
3R 11:34 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
4R 12:06 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
5R 12:38 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
6R 13:10 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
7R 13:42 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
8R 14:15 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
9R 14:49 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
10R 15:24 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
11R 16:01 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
12R 16:43 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

初日 推奨レース展望

12R

初日のメインカードは峰が1号艇を務める。「行き足はいい」と気配は悪くないだけに好枠の利を活かして逃走戦に持ち込みたいところ。相手筆頭は出足関係が良好ムードだった篠崎を指名したい。1マークは自在戦からスムーズに艇を返してバック勝負に出る構え。逆転も十分にありそう。茅原は内枠両者の動きを冷静に見極めてから捲り差しから一気に突き抜けるレースへ。市橋は地元のアドバンテージを思う存分に発揮したいが、まずは気合のスタートを決めたい。 

初日 熱戦レース

12R

唯一の0台スタートを放った峰が速攻戦を展開。ターン出口でグイッと伸びて早々に抜け出していきます。峰は次のブイも全速でクリアすると、リードを広げて独走スタイルを構築。しっかりと逃げ切った峰が1着でゴールし、幸先のよい滑り出しとなっています。焦点は茅原と市橋の一進一退の2着争いに。最終コーナーで先に回った市橋に鋭い差しハンドルの茅原が競り勝ち、2着を取り切っています。