丸亀

G1第61回四国地区選手権競走

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 電話投票 場外 出場レーサー レース別情報
締切予定時刻/投票 締切予定
時刻
1 2 3 4 5 6
1R 14:41 発売終了 14:41
A2
A2
A1
A1
A2
A2
2R 15:10 発売終了 15:10
A2
A2
A2
A1
A1
A2
3R 15:39 発売終了 15:39
A2
A1
A2
A2
A2
A1
4R 16:09 発売終了 16:09
A2
A2
A1
A2
A2
A1
5R 16:40 発売終了 16:40
A2
A1
A1
A2
A2
A2
6R 17:13 発売終了 17:13
A2
A1
A2
A2
A2
A1
7R 17:46 発売終了 17:46
A2
A1
A2
A2
A1
A2
8R 18:19 発売終了 18:19
A1
A1
A2
A2
A2
A2
9R 18:53 発売終了 18:53
A1
A1
A2
A2
A1
A2
10R 19:29 発売終了 19:29
A1
A2
A2
A2
A1
A1
11R 20:06 発売終了 20:06
A1
A2
A1
A1
A2
A2
12R 20:44 発売終了 20:44
A1
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

2日目 推奨レース展望

12R

シリーズ初日は6着発進となってしまった田村だが、「そんなに伸びられる事はないです」と舟足に関しては着順ほど悲観するような動きではない。キッチリと逃げ切って挽回の一戦としたい。カド位置が見込める重成は果敢なスタート攻勢から柔軟かつ強気の攻めを繰り出して逆転駆けへ。前検一番時計をマークした林の伸び足が脅威の存在となりそう。自信の表情を浮かべているだけに侮れない。三嶌は小回り旋回から手堅く残す走りで粘り込みを図りたいところ。 

2日目 熱戦レース

12R

進入は123/564の隊形となります。ほぼ横一線の大差ないタイミングから、田村が1マークを先制。三嶌と林が差して対抗するも、田村がグイッと艇を伸ばしていきます。田村は早くも独走スタイルを築くと、残る周回も安定感を持って航走。最後まで手綱を緩めることなく走り切った田村が、今節1つ目の勝ち星をゲットしています。1周2マークを全速で回った林が2番手を取り切っています。