宮島

G1宮島チャンピオンカップ開設63周年

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 電話投票 場外 出場レーサー レース別情報
締切予定時刻/投票 締切予定
時刻
1 2 3 4 5 6
1R 10:29 発売終了 10:29
A1
A1
A1
A1
A1
A1
2R 10:57 発売終了 10:57
A1
A1
A1
A1
A1
A1
3R 11:25 発売終了 11:25
A1
A1
A1
A1
A1
A1
4R 11:54 発売終了 11:54
A1
A1
A1
A1
A1
A1
5R 12:26 発売終了 12:26
A1
A1
A1
A1
A1
A1
6R 12:58 発売終了 12:58
A1
A1
A1
A1
A1
A1
7R 13:31 発売終了 13:31
A1
A1
A1
A1
A1
A1
8R 14:05 発売終了 14:05
A1
A1
A1
A1
A1
A1
9R 14:39 発売終了 14:39
A1
A1
A1
A1
A1
A1
10R 15:19 発売終了 15:19
A1
A1
A1
A1
A1
A1
11R 16:01 発売終了 16:01
A1
A1
A1
A1
A1
A1
12R 16:49 発売終了 16:49
A1
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

最終日 推奨レース展望

12R

瓜生が優勝戦のポールポジションを奪った。予選道中の安定感も光ったが準優も力強く逃げ切り優勝に王手をかけた。「ずっと足のバランスがいいし、伸び負けることもない」とエンジンの仕上がりは申し分なく最後もきっちりと押し切る算段。池田が宮島周年連覇を狙って自在に立ち回るが、峰も納得の足色で強気に攻める。桐生以下もモーター差はなく豪華な顔ぶれらしく激しいバトルが繰り広げられそうだ。 

最終日 熱戦レース

12R

瓜生がスタートラインから先頭に立つと、真っ先に1マークを旋回。まくらせず差させず、文句なしのターンを繰り出します。バックストレッチは早くも瓜生の独走スタイルに。落ち着いた航走で周回を重ねた瓜生が首位でフィニッシュ。見事、宮島チャンピオンカップ初制覇を果たしています。2着は大混戦を2周2マークで抜け出した坪井が入線。3着はラストの直線で逆転に成功した峰に軍配が上がっています。