下関

開設62周年記念 G1競帝王決定戦

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 電話投票 場外 出場レーサー レース別情報
締切予定時刻/投票 締切予定
時刻
1 2 3 4 5 6
1R 10:44 発売終了 10:44
A1
A1
A1
A1
A1
A1
2R 11:12 発売終了 11:12
A1
A1
A1
A1
A1
A1
3R 11:40 発売終了 11:40
A1
A1
A1
A1
A1
A1
4R 12:08 発売終了 12:08
A1
A1
A1
A1
A1
A1
5R 12:39 発売終了 12:39
A1
A1
A1
A1
A1
A1
6R 13:10 発売終了 13:10
A1
A1
A1
A1
A1
A1
7R 13:41 発売終了 13:41
A1
A1
A1
A1
A1
A1
8R 14:13 発売終了 14:13
A1
A1
A1
A1
A1
A1
9R 14:45 発売終了 14:45
A1
A1
A1
A1
A1
A1
10R 15:22 発売終了 15:22
A1
A1
A1
A1
A1
A1
11R 16:01 発売終了 16:01
A1
A1
A1
A1
A1
A1
12R 16:44 発売終了 16:44
A1
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

最終日 推奨レース展望

12R

1号艇に陣取る原田が優勝にリーチをかけた。「総合力では誰にも負けないです」と本人も納得の仕上がりで、あとはスリット合戦を勝って先マイあるのみ。1マークで颯爽と決着をつけることが出来るか。当地周年制覇は2回の経験がある寺田が虎視眈々と勝機をうかがう。勝手知ったる水面でここ一番の底力を発揮して、原田を捕えるはず。瓜生は僅かな好機も逃さずに持ち前の旋回力で道を切り開くだろう。 

最終日 熱戦レース

12R

原田がトップタイミングで踏み込むと、1マークを真っ先に回ります。電光石火の速攻劇で早々にリードを奪った原田は、続く2マークも余裕を持ってクリア。そのまま悠々の一人旅を満喫した原田がゴールラインを通過して快勝。初日からシリーズの中心として活躍した原田が、準パーフェクトVで競帝王決定戦を締めくくっています。2着には1周1マークを的確にまくり差した瓜生が入線。