若松

読売新聞社杯G1全日本覇者決定戦開設66周年記念

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 電話投票 場外 出場レーサー レース別情報
締切予定時刻/投票 締切予定
時刻
1 2 3 4 5 6
1R 14:41 発売終了 14:41
A1
A1
A1
A1
A1
A1
2R 15:10 発売終了 15:10
A1
A1
A1
A1
A1
A1
3R 15:39 発売終了 15:39
A1
A1
A1
A1
A1
A1
4R 16:09 発売終了 16:09
A1
A1
A1
A1
A1
A1
5R 16:40 発売終了 16:40
A1
A1
A1
A1
A1
A1
6R 17:11 発売終了 17:11
A1
A1
A1
A1
A1
A1
7R 17:43 発売終了 17:43
A1
A1
A1
A1
A1
A1
8R 18:16 発売終了 18:16
A1
A1
A1
A1
A1
A1
9R 18:50 発売終了 18:50
A1
A1
A1
A1
A1
A1
10R 19:26 発売終了 19:26
A1
A1
A1
A1
A1
A1
11R 20:03 発売終了 20:03
A1
A1
A1
A1
A1
A1
12R 20:44 発売終了 20:44
A1
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

最終日 推奨レース展望

12R

予選トップクリアから準優勝戦もインから豪快に勝ち上がってきた田村が最後も中心のレースとなりそう。上位モーター49号機の底力を思う存分に発揮して逃げるのみ。「展示から押す感じがあった」という瓜生は柔軟な旋回から鋭く切り込んで逆転駆けを狙う。江夏も瓜生と遜色のない仕上がりだけに好戦に期待を出来そう。1コーナーは好位置に付けて一番差しへ。山口は春園のダッシュ強攻策を利用する手もあるが、自力でも捌きは通用する実戦足で注意。 

最終日 熱戦レース

12R

ほとんど揃ったスタートから田村が先マイ体勢。瓜生が鮮やかなまくりで田村をとらえますが、こらえた田村は内から舳先をかけて応戦します。1周2マークは田村がコース優位に先取り。切り込んできた江夏と春園を先に回らせて、瓜生は3本の引き波に行く手を阻まれます。その間にリードを奪った田村が、栄光のゴールイン。田村が全日本覇者決定戦を初戴冠しています。見せ場を作った瓜生は惜しくも2着まで。