若松

ダイヤモンドカップ

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 締切予定時刻/投票 出場レーサー レース別情報
1 2 3 4 5 6
1R 14:42 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
2R 15:11 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
3R 15:40 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
4R 16:10 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
5R 16:40 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
6R 17:12 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
7R 17:44 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
8R 18:17 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
9R 18:51 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
10R 19:27 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
11R 20:12 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
12R 20:49 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

最終日 推奨レース展望

12R

準優三番勝負はすべて1号艇が勝利。この結果、石野が優勝戦のポールポジションとなった。機力は完調。準優も盤石の逃げを披露した。再現よろしく、影をも踏ませぬイン速攻で締めくくる算段。地元の総大将・瓜生が立ちはだかる。予選中盤から高いレベルで安定。派手さはなくとも、スキのない走りで勝ち上がってきた。一騎打ちが濃厚。王者・松井が意地を見せるか。仕上がりは遜色なし。内枠両者に食らいつき、虎視眈々とチャンスをうかがう。外枠勢は次位争いまで。 

最終日 熱戦レース

12R

安定板使用で行われた優勝戦。コンマ11のトップスタートを決めた石野が1マークを先マイします。ブイ際を差した瓜生が石野にじわじわと詰め寄るもわずかに及ばず。石野が続く2マークも真っ先に旋回していきます。ここでリードを広げた石野は、最後まで安定した走りで周回を重ねてフィニッシュ。石野が若松ダイヤモンドカップを制しています。3周1マークを冷静にさばいた松井が次位入線。