芦屋

G1全日本王座決定戦 開設66周年記念

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 電話投票 場外 出場レーサー レース別情報
締切予定時刻/投票 締切予定
時刻
1 2 3 4 5 6
1R 10:47 発売終了 10:47
A1
A1
A1
A1
A1
A1
2R 11:17 発売終了 11:17
A1
A1
A1
A1
A1
A1
3R 11:47 発売終了 11:47
A1
A1
A1
A1
A1
A1
4R 12:17 発売終了 12:17
A1
A1
A1
A1
A1
A1
5R 12:47 発売終了 12:47
A1
A1
A1
A1
A1
A1
6R 13:17 発売終了 13:17
A1
A1
A1
A1
A1
A1
7R 13:48 発売終了 13:48
A1
A1
A1
A1
A1
A1
8R 14:19 発売終了 14:19
A1
A1
A1
A1
A1
A1
9R 14:51 発売終了 14:51
A1
A1
A1
A1
A1
A1
10R 15:24 発売終了 15:24
A1
A1
A1
A1
A1
A1
11R 15:59 発売終了 15:59
A1
A1
A1
A1
A1
A1
12R 16:39 発売終了 16:39
A1
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

最終日 推奨レース展望

12R

予選トップ通過の峰が準優勝戦を堂々と押し切り、ファイナルの絶好枠を奪った。最優秀選手を含め、昨年度4冠を達成した実力者が芦屋周年3連覇へ渾身の逃げを打つ。峰の3連覇に待ったをかける地元の岡崎。モーターの仕上がりに自信を持ち、渾身の差しハンドルでバック伸び比べに持ち込む。新田が好位のセンターから自在に立ち回り肉薄するが、1着だけを狙って篠崎がダッシュを乗せたスピード戦で一発を企てる。 

最終日 熱戦レース

12R

インコースから鋭発ショットを放った峰が、真っ先にターンマークを回ります。峰は続く2マークも難なくクリアすると、単独首位の座をがっちりキープ。その後も冷静に航走を続けた峰は、周回を重ねる度に後続を引き離していきます。峰がそのまま先頭でゴールラインを通過して、全日本王座決定戦を制覇。見事3連覇を達成しています。1周1マークでブイ際を差した篠崎が準優勝。岡崎が3周1マークで逆転3着となっています。