芦屋

読売新聞社杯 全日本王座決定戦 開設69周年記念

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 締切予定時刻/投票 出場レーサー レース別情報
1 2 3 4 5 6
1R 10:36 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
2R 11:06 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
3R 11:36 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
4R 12:06 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
5R 12:36 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
6R 13:06 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
7R 13:37 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
8R 14:15 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
9R 14:48 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
10R 15:23 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
11R 15:58 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
12R 16:38 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

初日 推奨レース展望

12R

芦屋通算16Vは現役レーサー最多。昨年度の最優秀選手に輝いた瓜生が初日ドリーム戦の絶好枠に陣取る。タッグを組む25号機は、上位級に仕上がるメーカー機。内有利に逃げを決めてシリーズに弾みをつける。白井のモーターも回り足を軸にいい部類。2コースはお誂え向き、スムーズに差して肉薄する。センター好位置に構える濱野谷の42号機も上昇著しいパワー機。舟足はヒケを取らず自在にさばいて首位争いに参加する。 

初日 熱戦レース

12R

白井がわずかにノゾいたものの、互角に踏み込んだ瓜生が1マークを先制。瓜生は他艇の攻め手を寄せ付けず、大きなリードを奪います。早々と独走体勢に持ち込んだ瓜生が、そのまま先頭でゴールイン。地元ファンの声援にこたえる逃走劇で勝利を収め、幸先いい滑り出しとなっています。1周1マークでまくっていった濱野谷が2番手で入線。西山の猛追をしのいだ白井が3番手となっています。