浜名湖

第5回ヤングダービー

優勝戦     1800m
ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 1R 2R 3R 4R 5R 6R 7R 8R 9R 10R 11R 12R
締切予定時刻 電投 10:47 11:13 11:40 12:08 12:37 13:08 13:39 14:13 14:47 15:23 15:59 16:39
場外 10:47 11:13 11:40 12:08 12:37 13:08 13:39 14:13 14:47 15:23 15:59 16:39
優勝戦動画
ボートレーサー レースタイム
1 4851  関   浩哉 1'47"8
2 4754  松尾   充 1'49"9
6 4734  安河内  将 1'52"1
4 4831  羽野  直也 1'53"7
3 4659  木下  翔太
5 4885  大山  千広
スタート情報
1 .02  逃げ
2 .12   
3 .12   
6 .06   
4 .12   
5 .14   
勝式 組番 払戻金 人気
3連単
1-2-6
¥2,270 5
     
3連複
1=2=6
¥890 5
     
2連単
1-2
¥570 2
     
2連複
1=2
¥440 2
     
拡連複
1=2
¥200 1
1=6
¥270 4
2=6
¥390 7
     
     
単勝
1
¥180  
     
複勝
1
¥160  
2
¥620  
     

水面気象情報

気温 26.0℃

風速 3m

水温 27.0℃
波高 1cm
スタンド
返還
決まり手
逃げ
備考
 

勝利者インタビュー

4851

関   浩哉

(コンマ02です)早すぎっすね。早いとは思ったんですけど、残ってくれてよかったですね。スタートも自信がないと優勝戦じゃ絶対失敗するなと思ったので、もうスタートだけは自信持って行きました。(2号艇・松尾充選手がすごい展示タイムでした)6.56ぐらいですね。バックであのまま真っ直ぐ走っていたらかかっていたかもしれないですけど、ちょっとそこ怖かったですね。(ゴールの瞬間は?)実感がないですね。ようやく初優勝出来たんですけど、この舞台で出来て、何ですかね自分なんかがしていいんかなって今思っているんですけど。(選手を目指した動機は?)高校生の時に自分の祖父に勧められてこの業界を知って、それがきっかけですね。最初見たレースが桐生でSGやってたんですけど、2012年に。それが最初に見に行ったレースだったんですけど、もう感動して、この仕事をやろうってそこで決心がついたときやったですね。色々な人の支えあって選手になれてここに立てました。周りの先輩とか同期からは「まだ外走っているの?」とか「早く内入った方がいいんじゃないの」って言われた時もありましたけど。自分の中でも葛藤した時はありましたけど、しっかり師匠の教えを守ってやってきてよかったですね。(師匠は)群馬の土屋太朗さんです。ここ来る前、毒島(誠)さんに「焦らずやれば優勝も出来るし、大きい舞台でも勝つことが出来る」と言われたので、背中も押してもらって。で、ここ浜名湖に来て。あの人のパワーすごいんですかね、もうラッキーラッキーでここまで来れましたね。(そしてファンの声援や後押し)本当にありがとうございます。自分だけの力だったらもう絶対ここまでは来れていないと思うので本当に感謝したいです。ありがとうございました。(賞金ランキング58位です)あと三国G3と、江戸川のG2。もうフライング休み入っちゃうのでそこでしっかり。F持ちで今日もコンマ02行っちゃうってところなんですけど、ヤバイですね。F2が近いので気を付けます。(新鋭王座決定戦で原田幸哉選手が24歳3ヶ月の記録を抜いて、23歳10ヶ月でこのG1タイトルです)昨日記者さんから言われて、そこで知りました。最後まで残っていただきありがとうございました。応援していただきありがとうございました。これからももっともっといいレースを提供していくので、自分が出ているレースがあったらよかったら見てください。いいレースします。応援のほどよろしくお願いします。