ボートレーサーという、生き方。

ボートレーサーに迫る

ボートレーサーの仕事現場を知る

ボートレーサーの仕事に密着

ボートレーサーの仕事は、ボートレース場でレースに出場すること。そんなレーサーの仕事現場に密着してみました。
前日の準備と本番レースの雰囲気を味わってください!

■2013年7月、ボートレース平和島での加藤政彦選手


■10:00頃 レース場入り

レーサーは、レース初日の前日(前検日)にレース場入りし、様々な準備を行います。朝10時くらいから、徐々にレーサーが集まりはじめます。

■11:00頃 受付・私物検査

レース場に入った瞬間から、レーサーは外部から隔離された存在となります。携帯電話など、持ち込みが制限される所有品もありますので、まずは私物検査を受けます。そして、選手の証である登録票を渡し、受付を12:00までに完了します。

■12:00頃 ミーティング・抽選会

レースの開催に先立ち、レース運営者や主催者から、あいさつ並びに注意事項が話されます。その後、乗艇するボートとモーターを割り振るための抽選会が行われます。

■13:00頃 エンジン調整・ペラ調整

各選手は、割り振られたモーターをチェックし、自分が乗りやすいセッティングに調整を行います。プロペラ(ペラ)も同様です。

■13:30頃 試走

一通り調整が終わると、水面に出てモーターやペラの状況をチェックします。思うようなパフォーマンスでなければいったん陸に上がり、モーターやペラを調整し再度水面で試します。短い時間で、これを効率よくやらなければなりません。

■14:00頃 タイム測定

出場する全レーサーが順に「スタート練習」、そして明日からの開催に出場できるか合否判定をするための重要な「タイム測定」を行います。この情報は、メディアなどを通じてファンにも共有され、レースの行方を予想する材料の一つとなります。

■16:00頃 宿舎へ

前検日のプログラムを一通りこなしたら、専用のバスに乗って宿舎に向かいます。外部との不要な接触を防ぐため、これ以外の手段で宿舎に向かうことは許されていません。すべては、公正さを守るためです。

■16:30頃 夕食

宿舎での選手の楽しみの一つである食事。もちろん、栄養のバランスと季節感を考えたおいしいメニューが用意されます。食事の後は、娯楽室でリラックスする、割り当てられた自室で集中力を高めるなど、選手はそれぞれの時間を過ごします。

■22:00頃 就寝

明日のためにしっかりと睡眠をとり、コンディションを整えるのもレーサーの大切な仕事です。

■9:00頃 レース場入り

ファンが、そろそろ集まり始める時間。しかしレーサーは、その前から会場入りをし、レースに勝つための様々な準備を開始しているのです。

■9:30頃 エンジン・ペラ調整 試運転

ボートレースにとって、ライバルとの戦いもありますが気温や水温、あるいは風や水質など“自然”との戦いも重要な要素として存在します。その日の状況に合わせて、モーターやペラを微調整し、レースに臨みます。

■11:30頃 レース 第1走目

いよいよレース本番。選手にとっては緊張の時間、ファンにとっては待ちに待った瞬間の訪れです。レーサーは、レースでの勝利を目指して、最後まであきらめず戦います。

■12:30頃 昼食

レースの時間に合わせて各自食堂にて昼食を摂ります。

■13:00頃 エンジン・ペラ調整

レースとレースの合間には、モーターやペラの微調整を行い、さらに上の順位を目指します。
ここでも、時間に余裕がなく、やまと学校で培った機敏な動きが活かされるのです。

■16:30頃 レース 第2走目

レーサーは1日に最大2レース出場します。 第1走目でつかんだ感覚を活かして第2走目も勝利を目指します。 天候の変化などにも柔軟に対応していく能力が求められます。

■17:00頃 宿舎へ

レースが終われば、後片付けを行い、宿舎に戻ります。

■18:00 夕食

コンディションを整え、明日の力を養う食事の時間。今日のレースを振り返り、明日以降のレースにつなげていきます。

■22:00頃 就寝

きちんと睡眠をとり、次の日のレースに備えます。

■9:00頃 レース場入り

ファンが、そろそろ集まり始める時間。しかしレーサーは、その前から会場入りをし、レースに勝つための様々な準備を開始しているのです。

■9:30頃 エンジン・ペラ調整 試運転

ボートレースにとって、ライバルとの戦いもありますが、気温や水温、あるいは風や水質など“自然”との戦いも重要な要素として存在します。その日の状態に合わせて、モーターやペラを微調整し、レースに臨みます。

■11:30頃 レース 第1走目

いよいよレース本番。選手にとっては緊張の時間、ファンにとっては待ちに待った瞬間の訪れです。レーサーは、レースでの勝利を目指して、最後まであきらめず戦います。

■12:30頃 昼食

レースの時間に合わせて各自食堂にて昼食を摂ります。

■13:00頃 エンジン・ペラ調整

レースとレースの合間には、モーターやペラの微調整を行い、さらに上の順位を目指します。
ここでも、時間に余裕がなく、やまと学校で培った機敏な動きが活かされるのです。

■16:30頃 優勝戦

最終日は、優勝戦が行われます。初日から戦い抜いてきたレーサーたちの頂点に立つ選手が決まる瞬間です。優勝レーサーは、賞金だけではなくファンからの惜しみない称賛を得ることができます。

■17:30頃 帰宅

これにて、シリーズが終了。それぞれ、反省や喜びを胸にしまい、帰路につきます。次のシリーズには今回以上の成績を残すことを目指し、精進の日々が続きます。

※ナイターレースの場合、概ね4時間ほど後ろ倒しになります。

PAGE TOP

©2013 Boat Race Official Web. All Rights Reserved.