徳山

徳山クラウン争奪戦開設68周年記念競走

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 締切予定時刻/投票 出場レーサー レース別情報
1 2 3 4 5 6
1R 10:32 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
2R 11:01 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
3R 11:30 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
4R 12:01 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
5R 12:32 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
6R 13:04 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
7R 13:38 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
8R 14:12 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
9R 14:46 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
10R 15:23 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
11R 16:03 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
12R 16:45 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

初日 推奨レース展望

12R

当地連続斡旋の白井は前節Vを飾っての参戦となる。「現状で下がる事はない」と前検練習はソコソコの動きを見せていただけに逃げ速攻で中心の一戦。辻は失敗なくスムーズに一番差しを入れてバックは内へ詰め寄る走りを見せたい。吉川は捲りに捲り差しの両面策から強気に突破を図っていきたいところ。出足関係は良好ムードの新田は手堅く差し場を拾うレースに徹する構えか。機の気配は劣勢だった原田は上積みが必要となりそう。 

初日 熱戦レース

12R

原田がコンマ02の好スリットから絞りにかかり、ブイ際切り込んでいくも及ばず。先マイを放った白井が僅かに先行します。白井は直線で粘る原田を振りほどくと、続く2マークも着実にクリア。その後も安定した航走でリードを広げた白井がドリーム戦を快勝し、幸先のいい滑り出しとなっています。見せ場を作った原田が次位入線。最終コーナーで茅原の隙をついた吉川が3着に入っています。