「第39回鷲羽杯」は、茅原選手が優勝を飾りました!

ピックアップニュース 児島 2023/05/05

児島で開催された「第39回鷲羽杯」は、登録第4418号の茅原悠紀選手(岡山支部)がしっかりと逃げ、優勝を飾りました!
直後のインタビューでは、「モーターきつかったですね」とコメント。
「オレンジプレートの手ごたえはなかったです。キングカップでこのモーターを(記念レーサーが)どれくらい出してくるのか気になります。」とも。不安を感じながらレースに臨んだとのことでした。
レースについては村岡選手がまくり差しに入ってきたことを伝えられると、「少しだけ見えました。惜しかったね。と伝えておいてください」といたずらな笑顔で答えていました。
これが通算50回目の優勝。スタンドに詰めかけたファンの方に「本当にありがたい」と感謝しながら喜びをかみしめていました。
茅原選手、本当におめでとうございました!
 
次節は5月9日(火)から6日間の日程で、「G1児島キングカップ開設71周年記念競走」を開催いたします。
注目の出場レーサーは、毒島誠、池田浩二、田村隆信、松井繁、石野貴之、井口佳典、菊地孝平、桐生順平などなど、SGホルダーを含め、トップレーサーが勢ぞろいです。
中でも注目は菊地孝平。児島周年は2回制しており、児島は得意水面です。
また、11名が出場を予定している地元岡山支部にも注目です。
平尾崇典、吉田拡郎らSGホルダーに加え、渡邉和将、藤原啓史朗、入海馨ら若手勢、さらには田口節子、守屋美穂ら、岡山が誇る最強女子勢が遠征勢のVに待ったをかけます。
もちろん、キングカップ開催中は場内イベントも充実。特に注目は5月13日(土)に行われる「出張!吉本新喜劇」です。島田珠代さんや山田花子さんなど、おなじみの吉本メンバーがライブでドタバタ劇を繰り広げ、開催を盛り上げてくれます。
その他にも、麒麟 田村裕さんやスリムクラブさんによるお笑いステージ、場内ガァ~コステージから生配信でお送りする「笑う門には舟が来る」(予想ライブ配信・元ボートレーサー野添貴裕さん・永島知洋さん出演)、なりきりボートレーサー・モルック体験・ワークショップなど幅広い世代に楽しんでいただけるイベントが盛りだくさんです。
 
児島初開催のSGオーシャンカップの前哨戦。トップレーサーの熱き戦いを、ぜひ児島本場でお楽しみください。
 
この他、ボートレース児島の最新情報は公式ホームページやSNSにて発信しています。下記URLからご覧ください。
 
ボートレース児島 公式HP
URL(HP): (PC、SP)https://www.kojimaboat.jp/information/info.html
 
Twitter
(PC、SP)https://twitter.com/BRkojima_16
 
Facebook
(PC、SP)https://www.facebook.com/boatrace.kojima.jp/